「学校へ行こう!」終了間際はメンバーで衝突してた?今のV6の関係が気になる!

今年は大活躍V6メンバー、「24時間テレビ」のMCも務め、また個々のメンバーも大活躍していますよね。


20周年という節目の年と言うこともあるかもしれませんが、それにしてもメディアへの出演が多くて
ファンを喜ばせていると思います。そんなV6井ノ原快彦さんが色々と過去の事や現在のことを告白しています。


 
どんな内容か気になりますよね。それではご紹介していきましょう。
グループにとっての一つ目の転機は、「学校へ行こう!」がスタートしたことだったと言うことですね。
その頃はCDも売れていて、ちょっと天狗じゃないですけど、視聴率も取れるだろうという考えだったようです。
CDが売れていても、視聴率には関係無いんだなというのが衝撃的だったと語っています。
プロ意識もこの番組で養われたようですね。「学校へ行こう!」は
開始から11年で終了しましたが、その終了したのも転機だったと言います。
その番組が終わる前にはメンバー同士で衝突もしていたそうです。
面白さに対する考え方の違いがあったようです。


 
でも”それでも番組は続くんだろうと安易に考えていた自分が怖い”と井ノ原さんはコメントしています。
確かにね、ジャニーズ事務所の力は大きいでしょうし、ずっと続くんだろうなと思っていても仕方は無いかもしれません。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇

でも現実には視聴率が取れないとダメという事なので、メンバー全員が痛感したんじゃないでしょうか?
それからはあまり、メンバー6人一緒にいるのをテレビで見ることが少なくなった気がします。
各メンバーは頑張っていたと思いますけどね。
でも今年の秋に「学校へ行こう!」が7年ぶりの復活ということで、話題になっています。
当時「学校へ行こう!」を見ていた人がプロデューサーになっていたりするそうです。
嬉しいですよね。それこそ11年も続いていた番組だからこそだと思います。
視聴者の印象には残っていると言うことです。
そしてV6の今のメンバーの関係性はとても良いと言うことですよ。
6人集まると幼馴染みが縁側で話しているみたいな感じ”と言うことです。
個人の仕事とかは悩みとかはあるんでしょうけど、それをださずに楽しいねといえる雰囲気があると言うことですね。
7年間メンバー各自が色々な経験をしてきて、渋みが出てきていると思いますが、それを今回の「学校へ行こう!」で発揮して欲しいですね。
今年の秋放送っていわれてますけど、もうそろそろ日程が決まっても良いんじゃないですかね?
放送が楽しみです。視聴率がよければレギュラー番組に復活!ということもありますよね。期待しちゃいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。