キムタク撮影現場の態度が共演者に好評?HEROの裏話!

SMAPの木村拓哉さん、このたび映画「HERO」が公開されますが、演技や映画の内容も気になるところではありますが、今回は木村拓哉さんの立ち振る舞いを見ていこうかと思います。

あまり知られてないんじゃないでしょうかね?私はあまり知らなかったんですけど、木村さんはとても真面目で演技にも手を抜かない人ということです。



伝説として「楽屋に戻らない」「共演者の台詞まで覚えている」「誰よりもはやく現場いりしていた」といった証言もあります。

それだけ、真剣に仕事に取り組んでいると言うことでしょう。

 

木村さんは目をみて話をするそうです。

正確には相手の目と表情を読み取っているというのが正解でしょうが、それだけに人によっては威圧感を感じる場合もあるかもしれませんけどね。

それが暑苦しいということに置き換わることもあるかもしれませんね。

 

でも相手と適度な距離感をたもつのがうまいということも言えるようです。

「HERO」撮影の時も木村さんにカメラが向かないカットの時も、相手の芝居に合わせて、動いてくれると言うことです。

 

芝居をしている人は、カメラには写らない木村さんを見て演技が出来るので、とても芝居がしやすいということです。

そこまで考えてやってるんですよね。

主演を務める人はこういう感じなんでしょうか?いやそんなことはないと思います。それには木村さんなりの思いがあってやっていることでしょう。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


常に現場を意識し、仕事をする上で大切にすることは全力を出すことだという。

全力を出すからこそ、見方によっては子どもっぽいという風に写ることもあるでしょう。

 

スマスマでも何をそんなにムキになってやっているの?と思うこともありますけど、そういう理由なんでしょうね。

何事にも全力を尽くす。というのが信条なんでしょう。

 

遊びにも真剣に取り組んでいそうですしね。そんな木村さんだからこそ、ここまで20年以上もトップアイドルとして、活躍できるんでしょうね。

 

ドラマ「アイムホーム」で転換期を迎えたと言われていますが、きっと映画「HERO」では”キムタク”を演じていると思います。

それだけ幅がある演技が出来ると言うことですけどね・・・。

今後も応援していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。