ジャニーズっていつできたの?長い歴史と基本情報大公開!

今や”ジャニーズ”と聞いて知らない人はいないほど、それぞれのグループや個人が活動している事務所です。

社長にあたる、ジャニー喜多川さんも有名ですね。

でも、ジャニーズがいつ誕生し、どういう歩みがあったか知っている人は少ないと思います。今回は、そんなジャニーズの基本的な情報をまとめてみました。


ジャニーズの始まりは・・・

もともと、『ジャニーズ』は、事務所から最初にデビューしたアイドルグループのグループ名でした。

今では、事務所の大枠を指す言葉なので、便宜上、”初代ジャニーズ”や、”元祖ジャニーズ”と呼ばれています。

なんと、この最初にデビューしたアイドルグループ『ジャニーズ』は、1962年に結成されています。1967年11月に解散していますが、歴史をたどるとなんと、50年以上も前のことですね。

『ジャニーズ』すべての発端は、社長であるジャニー喜多川さんが当時住んでいた占領アメリカ軍宿舎の近所に住んでいた子どもを集めて野球を教えたことです。

ジャニーズというのは、ジャニー喜多川さんのあだ名であった”ジャニー”から取られたそうです。

 

野球を教えていた”ジャニーズ”は複数いたそうですが、映画『ウエストサイドストーリー』に衝撃を受け、この複数の中から4人を選抜し、エンターテインメント事業へと発展させたのが現在知られている”ジャニーズ”のはじまりでした。

この4人が結成されたと同時に、ジャニーズ事務所が創業しています。

その後、少年隊がデビューし、SMAPやTOKIO、V6が後を追う形でデビューを飾り、KinKi Kidsや嵐のデビューなどが続いていきました。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


 

ジャニーズの発端は

発端が、ジャニー喜多川さんが野球を教えていたことと、映画『ウエストサイドストーリー』に影響されたことというのは、あまり知られていない事実ではないでしょうか。

そんな小さなことが、現在アイドル界を牽引する事務所へと成長し、SMAPや嵐は数々の大ヒットを記録するようなグループへと成長したなんて信じがたいことですよね。

 

ジャニー喜多川さんの思いつきと行動力あってこそだとは思いますが、半世紀にわたって歴史を刻み続け、またグループ、事務所として大きくなるのは決して簡単なことではないはずです。

今に至る経緯を知ることで、それぞれグループやジャニーズのメンバーを見たときにさらに奥深さが出て、面白いかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。