ジャニーズのイメージカラー!この色はこんな人!?まとめ

2017年がスタートしましたね。

年始早々から、様々なTVに出てくれているジャニーズの面々。

今回は、年始のこの機会に、今一度「メンバーカラー」にスポットを当ててみたいと思います。

2017-01-13_003414
そして、私が個人的に思う「この色はこんな人。」というイメージもまとめてみたいと思います。


赤「リーダーポジションと代名詞」

言うまでもないですが、赤の人はリーダー的存在で「このグループと言えばこの人」という、グループを表す代名詞のような人が務めています。

SMAPの木村さんや、TOKIOの長瀬さん、嵐の櫻井さんやHey!Say!JUMPの山田さん等、まさに代名詞が集まった色です。

 

個人的意見ですが、赤の人を集めてユニットを組んだら最強だと思います。

赤の人は、ユニットの代表 代名詞的存在なだけあって、全体的にもポテンシャルの高い人しか居ません。

 

赤の人がグループに居ないとやっていけないんじゃないかと思うほど、各グループに絶対に必要なメンバーが揃っています。

(グループに必要ないメンバーなんて居るわけ無いのですが)そして、ジャニーズのデビュー組全てのユニットに必ずいる色でもあります。

 

青「クールで冷静 赤の補佐役」

色の通りクールで冷静なメンバーが揃った青の方々。

SMAP中居さん、TOKIOの国分さん、V6の井ノ原さんに嵐の大野さん等がいます。

ここで興味深いことが分かりました。嵐とSMAPという、事務所の2大看板は、両方「リーダーが青」なのです。

 

代名詞的な赤のメンバーがグループをまとめるのではなく、赤のメンバーやグループ全体を冷静に別の立場から見てまとめてくれているなと感じます。

 

黄色「ひょうきんなほんわかキャラ」

黄色は、その色の通りひょうきんでほわんとしたイメージの人が多い事が分かりました。

SMAPの草なぎさん、嵐の二宮さん、Hey!Say!JUMPの八乙女さんなど、ひょうひょうとした柔らかい雰囲気の人が多いのが黄色です。

 



 

緑「目立たないけど中間管理職」

緑のメンバーは、どちらかというと「中間管理職」ポジションが多いなと思いました。赤や青メンバーの陰に隠れて、目立つ方では無いけれど、グループの中ではとても重要な役割を果たしているメンバーです。

それこそ、「茎」や「根」のように、グループとしてバランスを見たときに、ちょうどいい具合に保つ役割を担うメンバーです。

 

SMAP香取さん、TOKIOの城島リーダー(どちらかというとTOKIOは長瀬さんが引っ張るイメージが強いですよね)、嵐の相葉さん等がいます。

 

紫「一芸軍団勢揃いの紫」

紫のメンバーは、ジャニーズとしての能力以上に、秀でた特技を持ったメンバーが多いのが特徴です。

キャスターやMCをこなすNEWSの小山さんや、関ジャニの村上さん、「ヒューマンビートボックス」(いわゆるボイパ)を極めに極めたKAT-TUNの中丸さんや、ステージ演出に本格的に携わる嵐の松本さんなど、能力を生かして個々で輝ける人の集まりです。

 

ピンク「中性的なミスター“イケメン“」

その可愛らしい色の通り、いわゆる「中性的」な顔立ちで、男性ですが「可愛い」と言われる事の多いメンバーが揃います。これも個人的意見ではありますが、例えるなら「ホスト顔」です。

KAT-TUNの亀梨さんや、NEWSの手越さん、元NEWS関ジャニ∞の内さん、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷さんなど、誰か見ても「イケメン」と言われるであろう面々が並びます。

 
まとめ
今回は、ジャニーズの面々のメンバーカラーについて取り上げてみました。改めて調べてみると、法則や規則性なども発見でき、とても興味深いなと思いました。

今回の記事を参考に、ジャニーズのユニットをもっともっと応援していきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一緒に野球観戦したい男子ランキング!ジャニーズが独占?

ジャニーズ事務所の卑劣な手口!KAT-TUN脱退はジャニーズに捨てられた結果だっ...

ジャニーズの名曲まとめ!この曲はどのグループか知ってた?

2017年バレンタインに聴きたいジャニーズ曲まとめ

4月9日放送『ゼウス』の感想とレビュー!ネタバレ注意

NO IMAGE

テレ東音楽祭&FNS歌の夏祭り2015の視聴率!今回は口パク排除?