ジャニーズの外国人枠!ジェシーとマリウスが必要な理由

ジャニーズの外国人枠!ジェシーとマリウスらが必要な理由

ジャニーズの西洋人系タレント枠と言えば
ジェシーが真っ先に頭に浮かびますが、
マリウスくんしかり、最近、西洋人系の子がジャニーズ内で目立つような気がしませんか。



ジャニーズといえば、
いかにも日本人バリバリの
薄い系美少年のイメージがかつてはありましたが、
ここ数年、濃い系もけっこう目立つ。

EXILEとか外タレとかが流行ってる影響もあるのかもしれませんが、
ジャニーズの海外進出加速化に向けての準備だと捉えることはごく自然な発想ですよね。

それならば、
ヨーロッパとかアメリカとかに進出するためなのかと言ったら、
それは違うんじゃないかと思うのです。

というか、ヨーロッパとかアメリカとかへの進出を目指して西洋系少年を集めるのだとしたら、
それはむしろうまくいかないと思うのです。

理由は3つあって、
一つ目は、海外の客が日本に求めるのは、
西洋的な面ではなく
いかにも古典的な日本らしきものですよね。

 



 

京都の芸者なんて、
完全に観光用で、
普段の会社とか学校とかに
ミッキーマウスがいないことと同じくらい、
日常に芸者はいないわけです。

寿司は、あんな栄養バランス偏ったもの、
普段から食べてたらカラダ壊すわけで、
大人数が集まる非日常の場面や
食事ではなくスナックとして
もともと食べられてたものですよね。

それがいつの間にか、
アメリカやヨーロッパなんかで
ディナーとしてビックリするような値段で出されてたりする。

もちろん、日本でもビックリするような値段の寿司屋はあるわけですが、
それは庶民にとっては明らかに非日常なわけで、
アメリカやヨーロッパで、
なんてことない寿司なのにビックリするような値段がついてることとは
訳が違いますよね。

それでも、アメリカやヨーロッパで寿司が流行るのは、
それがいかにも日本ぽいからなんだと思うのです。

これと同じことで、
ジャニーズが
アメリカやヨーロッパで流行らそうと目論むならば、
むしろ日本人バリバリの薄い系の美少年を集結させるべきですよね。

理由の二つ目は、
ジュニアにいる西洋系美少年のみなさんは、
みんなめちゃめちゃかわいいけれど、
伝統的日本人の中で見るからちょっと目立つのであって、
アメリカやヨーロッパの街を歩いてれば、
普通にそのへんにいる感じですよね。

東京でも、原宿とか歩けば、
若くてかわいい男子なんて普通にいるわけで、
だけどそんな中でも、
ジャニーズの子たちは
群を抜いた奇跡の美少年だから、
非日常を演出できるわけです。

じゃあ今のジャニーズにいる西洋系美少年が、
西洋人コミュニティーの中でズバ抜けて美少年かといえば、
まあ、普通にかわいい少年。
ジャスティンビーバーで用が足りる気がします。

理由の三つ目は、
これはアメリカの場合になっちゃいますけど、
ヨーロッパ事情は知らないので、
アメリカに暮らしてて感じることは、
こちらは日本と比較にならないくらい未成年者の取り扱いに厳しいです。

特に、労働的な面や性的な面は非常に厳しくて、
いわゆる未成年者の性的な表現は
タブー中のタブーで、
基本何をしても他人は口出さないスタンスの
自由の国アメリカをしてさえ、
そういう話題や、
そういうことを連想させるものには敏感。

もちろん、ジャニーズは、
普通に真面目な男性アイドル集団であり、
法的にマズイことは何もないと思いますが、
やっぱりアメリカで公演するとなると、
ジュニアとかが集団で水着一枚とかの演出は問題がある。

アメリカじゃ、日本人は只でさえショタっぽく見えるのに、
ジュニアの若い子たちなんて、
ただの子どもにしか見えない。

中にはリアル小学生とかもいるわけで、
アングラで楽しむ人はいるかもしれませんが、
アメリカのステージで堂々と観に行けるタイプの演出ではないと思うのです。

以上、三つの理由から、
ジャニーズがアメリカやヨーロッパに進出することはこのままの路線だと難しいと思います。

個人的にはアメリカ公演を早く観てみたいので
演出を大人っぽくして是非ともこちらで公演してほしいですけどね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジェシー 岩橋玄樹 安井謙太郎は誰もが認める心霊アイドル?

NO IMAGE

ジャニーズJrのジェシーさんに大注目!魅力とプロフィール紹介!