ジャニーズjrの真田佑馬が舞台初主演に緊張!目標は生田斗真?

東京都内で行われた主演舞台「TABU タブー ~シーラッハ「禁忌」より~」の会見に登場した真田佑馬さん。

6月5日が公演初日で、舞台初主演となる真田さんは「うれしかったけど、プレッシャーも強い。一生懸命演じなきゃなと思いました」意気込みを語っていましたが

「緊張はすごくしていますけど、先輩方に甘えてるんで大丈夫です。



共演する橋爪功さんは凄く親身にアドバイスしてくれる。色々教えてもらってありがたいです」と笑顔で話していました。

この日の会見には共演の橋爪功さん、元宝塚宙組の大空祐飛さんも出席為ていましたが、

橋爪さんは真田さんとの共演について楽しいし、感性が若い。どんどんよくなるから楽しみにしてますとコメントしていました。

2015-06-10_010916

大空さんも、真田さんのまっすぐな勢いに引っ張られてますと語ってました。

この舞台はドイツのベストセラー作家フェルディナント・フォン・シーラッハさんの長編小説「TABU」が原作。

ドイツ名家の御曹司・セバスティアン(真田さん)がある日、若い女性を誘拐したとして逮捕され、セバスティアンを弁護するため、敏腕弁護士ビーグラー(橋爪さん)が法廷に立つが・・・というストーリーということです。

 



 

真田祐馬さん、この舞台を機にもっともっと活動の幅を広げてくれるとイイですね。

真田さんといえば、私の中では笑っていいとものいいとも青年隊のイメージがあったんですけどね。

 

テレビドラマでも活躍為ていますし、ジャニーズjrのこれからの注目株だと思うので、これからの彼に期待したいです。

俳優業を頑張っていくんですかね?生田斗真さんや風間俊介さんのような感じでしょうか?

それとも舞台を中心に頑張っていくのかな?いずれにしても厳しい道だとは思うので頑張ってほしいです。

 

ジャニーズには仲間もいると思いますが、その仲間がライバルになっていくので、

成長をしていってほしいですね。

自分にしかできないことを磨いていってほしいです。今後の成長を楽しみに応援しています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジャニーズJr.の真田佑馬がミュージカル初主演!大学や指原莉乃との関係は?