ジャニー喜多川社長の育成方法が素晴らしいと大絶賛!!噂の育成方法とは?

12月9日に放送された「TOKIOカケル」に近藤真彦さんがゲスト出演していたのですが、
そのときのジャニー喜多川社長の育成方法が話題になっています。
どんな育成方法でしょうか?

ジャニーズと言えば、Jr.時代から始まり、若い子では10歳とかいますよね。もっとしたもいるのかな?
その子ども達が成長して、大人になり、やがては近藤さんのように、父親になってもまだジャニーズ事務所で活躍出来ているのには
訳があるようです、それがジャニー喜多川社長の育成方法ですね。



ジャニー喜多川社長は本人を褒めないと言うことです。
本人にはとても厳しく当たると言うことですね。近藤さんも「褒められたことがない」と話していました。


 
「ジャニーさんには3年で終わる、5年で終わると言い続けられた」と言うことですよ。それがデビュー35周年ですからね。凄いです。
ジャニーさんに”YOUは最悪だよ!””こんなことやってYOU終わるよ”なんて言われるのは当たり前のようです。
しかし、裏では東山さんに「マッチ見てよ!凄いでしょ!」って言うんだそうです。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


コレにはTOKIOにメンバーも納得していました。
ということは、みんなに対してそういうことをしていると言うことですよね。
松岡昌宏さんは「V6の事をTOKIOに褒めて、TOKIOのことをV6に褒めるっていうね」と話していました。
なるほどね・・。ジャニーさんの育成方法がわかりますよね。
他の人を介して褒めているということですね。これは非常に大事なことだと思います。
人間、直接褒められるよりも、人を介して褒められた方が嬉しいという効果があるようですしね。
これは一般社会でも十分通用する育成方法でしょう。

そしてコレの良いことは、V6とTOKIOの関係で言えば、お互いが仲良くなれることだと思いますね。


 
そして、お互いにライバル意識をするということでしょう。
それが相乗効果を生んで、いまのジャニーズ王国を作ったと言えるのでは無いでしょうか?
流石ジャニーさんですよね。
やっぱり、ジャニーさんには長生きしてもらわないと困りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。