リアクションに困るジャニーズ話とは?ジャニヲタ発言にイラッ!はファンなら経験あり?

「1度は経験あり!リアクションに困るジャニーズ話」

会話の中に出てくる「ジャニーズ話」相手もジャニーズが好きなら意気投合してマニアックな話題でノリノリになれるのですが、あまり詳しくない人との「ジャニーズ話」は苦痛になることもしばしば・・・。ファンがリアクションに困るジャニーズ話とはどんなものでしょうか。



「この子キスマイ好きなんだよ」はOKだが「この子ジャニヲタなんだよ」には軽くイラッとする。

なんでもかんでも好きなわけじゃない。そこ間違えないでほしいですね。。ただのイケメン好きだったり、もしくは盲目の痛い人になってしまう気がして軽くイラッとします。

 

「うん!」と笑顔で答えながら(ジャニヲタというかキスヲタだけどね)と心の中で呟きます。

2016-11-06_010224
 

「誰が好きなの?」と聞かれて普段の呼び方で答えられない時がある

「たいぴー」と言ってわかってくれる相手なら良いのですが、相手に合わせて「藤ヶ谷くん」と言ってしまうなど普段の呼び方できないが時は担当への懺悔の意味もあって胸がざわつきます。大人ジャニヲタさんの場合は「ピー」付けしてることが恥ずかしかったりして、かえって他人行儀な呼び方になってしまう場合もありますね。

 



 

「うちの学校(会社)にすっごく似てる人いるよー」という話が大の苦手。

その手の話、8割似てませんね(笑)。日頃、顔面からつま先までじっくり眺めすぎて容姿が完璧に頭にインプットされている状態での査定なので当然見る目が厳しくなっています。ファン度が濃ければ濃いほど査定は厳しくなるものです。ものまね番組の素人コーナーならテレビ越しに「似てない!」といえますが、知り合いなので否定もできず「雰囲気が似てるね」とぼんやりした部分を認めるか「玉森くんより斎藤工のほうが似てる!」とほかのイケメン俳優を挙げて玉森くんに似てる発言を封印したりします。

 

「友達の知り合いの弟がジャニーズだよ」の話に興味がない。

今の時代、わりといます。友達のさらに知り合いという広い範囲まで認めるならわりと見つかるのでレア感ゼロですね。オーディションに合格したぐらいではなんの驚きもないです。でもそこは「へー、すごい!」と相手の求めるリクションをします・・・が、興味がないのでそれ以上の話が膨らみません。しかしコンサートについた等なにか実績があれば一気に食いつきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キスマイファンが指原莉乃を攻撃?今回の炎上で私が思うこと