中居正広の共演者への気の配り方がスゴすぎると話題!

中居くんといえば、最近手術をしていたことを発表して話題になりました。
ここのところ、よくも悪くも芸能人の病気や手術に関する告白が多くなっているような気がしませんか??



よくも悪くもというのは、
まず、「よい」部分は、同じ病気で悩んでいる人に希望を与えたり、
その病名の世間での認知度を上げたりという点だと思うんですね。

一方で、「悪い」部分は、
病気の話で盛り上がっても気持ちのいいもんじゃないと思うんですよね。正直。

なので、僕も私も、実は病気でした、みたいな話題作りにも見えてしまって、
それはよいとは言えない点ですよね。

中居くんの場合は、もちろんそんな話題作りなんかじゃないことはみんなわかってるので、(いまさらそんなことしなくてもすでに十分目立ってる人)
手術して大変だったんだねっていう
応援したくなる気持ちですよね。


けれども、中居くんの尊敬できるところは、
仮に周囲が大丈夫?とかって声を掛けたとしても、

「お前何励ましてくれちゃってんの?」

「人励ます余裕あったら自分の心配しろよー!」

とかって笑いながら言ってくれそうなところです。

他人に気配りをするときって、
いかにも気配りしてます!っていう、
オモテナシ感って言ったらいいんでしょうか、
なんかそんな恩着せがましい感じの接し方になりがちだと思うんですけど、
中居くんがタレントとしても司会者としても素晴らしいと思うのは、
そういう押し付けがましい暑苦しいオモテナシ感がなくて、

相手に気を遣わせない気の遣い方」をしてるところだと思うんですよね。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


こちらが、「いかにも気を遣ってます!」って態度でいると、
そりゃ相手は「やめろ」とは言いづらいだろうけど、
なんか窮屈ですよね。

だけど、仲居くんの場合はいつでも自然体。

たとえば『世界仰天ニュース』でも
鶴瓶師匠のことを「つるべ!」って呼んでみたり
そういう遠慮のないところが素敵だし、
遠慮がないのに相手が不愉快に感じないってことは、
相当に高次元の気配りをしている人なんだろうなぁと思います。


そんな仲居くんのオモテナシは、
東京オリンピック招致で招致メンバーが言ってた
「お・も・て・な・し」の次元を遥かに凌駕した尊敬すべきものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。