亀と山P 青春アミーゴ披露!Mステで語ったJr.育成論とは?

先週、話題騒然となってから2週連続でMステに出演した「亀と山P」。今週はJr.達を従えてスペシャルメドレーを披露しました。二人が語ったJr.時代の思い出とJr.育成論とは?


豪華すぎるバックに騒然!

この日登場したのは大きいJr.達と小さいJr.達。総勢28名!さすがにここまで人数がいると「Jr.がついてる感」がめちゃくちゃします。圧巻です。

12年前の「青春アミーゴ」も大きいJr.(.Kis-My-Ft2、A.B.C-Z)と小さいJr.(山田涼介くん、中島裕翔くん、森本龍太郎くんが中心のちびっこ達)がバックを務めていたので今回のこの大小Jr.コラボは当時を思い出させてくれました。

今回バックを務めたのは大きいJr.達は「すのすと」ことSnowManとSixTONES、小さいJr.達はジャニーズJr.たち。めっちゃ豪華!青春アミーゴのアンサーソング「逆転レボルシオン」ではSixTONESとSnowMan、大ヒットでCDが品薄状態の「背中越しのチャンス」ではジャニーズJr.、そしてサプライズとして歌った「青春アミーゴ」では全員、と一糸乱れぬ息の合ったパフォーマンスを魅せてくれました。

なかでも大きいJr.達「すのすと」の男らしいダンスとアクロバットは見どころのひとつでしたね。2グループの完成度が高い!ウエストサイドストーリーや舞台「DREAM BOYS」の敵視するチーム同士のダンスバトルのようでほんっとにかっこいいんです。顔もビシッと決まってるしものすごく真剣に向き合ってる様子が腕筋やこぶしの力強さなどから伝わってきます。

「華を添える」とはまさにこのこと!しっかりとしたダンスで亀と山Pを盛り立てます。


Jr.重視?

以前(と言っても光GENJIの頃なのでかなり昔)は、中学生は夜8時からのMステには出演できなかったのですが、現在は「芸能タレント通達」というお達しがあり、15歳未満であっても夜8時以降もテレビの出演がOKになっているようです。・・・と言ってもさすがにあまり遅くまでは、という自主規制の下で現在は21時まで、としている事務所が多いようです。

この日のバックにはちびっこJr.もたくさん参加しており、そのこともあって「亀と山P」はコブクロに続いて2番目の登場だったのかなーと思います。普通ならこれだけ話題になっていたら番組の最後にもってくるはずですね。そう考えると「バック」といいながらもJr.にかなりのウェイトをかけていたのかなと思います。

 

これからのこと

今回Jr.をバックにつけたのは修二と彰を彷彿させるためだけではなく、亀梨くん、山下くん二人の思いもあったようです。

「That’sジャニーズ感!と言いますかJr.の僕らもね、やらせてもらってたことを、ぼくらが後輩にこれから、僕らまだKinKi(Kids)さんだったりのバックでこうMステとか出させてもらったり、なんかそうゆうこともね、そろそろ、ちゃんと意識してやりたいね、って普段話してるんで、なんかそうゆことができたらなーというとこからだったんで、ちょっとね、今日は僕らもジャニーズ感のど真ん中でいきたいと思います。」

と後輩の育成にも力を入れていきたいという亀梨くん。もうそんなことを考える年齢になっていたなんて。(感涙)

多くの先輩たちにしごかれた?いやいや可愛がられた二人だからこそのJr.愛にほっこりします。

 

いつからJr.バックが消えた?

番組を観て「昔のJr.ってこうだったなー」と懐かしく感じた方も多かったのではないでしょうか?昔はみんなそうでした。特にMステは毎週お祭りみたいに沢山のJr.達が先輩のバックについて、とびきりの笑顔で口ずさみながら全身を使って大きく踊る。

時々センターにいる先輩にかまってもらって心の中で「よっしゃ!」とガッツポーズしながらしゃかりきに踊る。

その中で「右から2番目の子がかっこよかった!」「あのチビッコは誰?」などそんなことを話すのが休み時間の定番でした(笑)。

12年前の修二と彰の時代にはよく見ていた光景を観なくなったのはHey!Say!JUMPがデビューした頃、10年程前からでしょうか。

確かにその頃からそれぞれのグループの路線や曲ごとのコンセプトもしっかりとしてきて、バックにJr.をつけずに自分たちのグループだけでパフォーマンスを披露することが多くなってきたように思います。

多くのアーティストが語るようにジャニーズにも「曲の世界観」を大切にする風潮がうまれ、世界観を表現することと引き換えにニコニコ顔で踊るJr.たちがバックから消えていった、そんな感じでしょうか。.

久しぶりのお祭り状態の光景に当時の色々な思い出が浮かんできました。

 

緊張感がイイ!

後輩たちにとっても先輩のバックに立つのは良い緊張感が生まれるようです。この日のJr.くん達はみんなキレッキレ。普段こんなにガシガシ踊ってたっけ?と思うメンバーもいます(笑)。やはり先輩のバックだと背筋がピンとするのでしょう。

基本に忠実に指先にも気を配るダンスはとても華やかで古き良きジャニーズを彷彿させる最高の時間になりました。亀梨くん、山下くんも大勢のJr.くん達と振りを合わせているうちにノッてきたようで曲が進むにつれて振りをアレンジしたり目線を外してみたりと小慣れた感満載でこれまたものすごくかっこいいです!圧倒的な存在感を漂わせていました。

 

まとめ

現在Jr.は大人気でJr.だけでショーを行うことも多く、先輩のバックはツアーに同行する程度のようですが、やはり先輩のバックにつくのは良い刺激と大きな経験になるようです。

ここからまた未来のスターが生まれてまた時代は繰り返されてゆくのかな、と思うとワクワクしますね!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

亀梨和也がロケで女子高生にタピオカを奢っている現場を目撃!

亀梨和也がソロコンサート決定!KAT-TUN再始動への試金石?

トレンドに亀梨和也の名前が挙がり、ファンが驚く!連ドラ決定で一安心!

木村拓哉と亀梨和也が期間限定でユニットを組む!?仰天プランは実現するのか?ってい...

亀梨和也の男性ファンが急増中している理由とは?

 亀梨和也の舞台「青い種子は太陽のなかにある」内容と見どころは?