亀梨和也が蜷川演出舞台の意気込みを語る!チケットは入手困難?

8月10日より、東京・Bunkamuraオーチャードホールで音楽劇の「青い種子は太陽の中にある」が上演され、その主演にKAT-TUNの亀梨和也さんが選ばれています。そのインタビューの内容をご紹介しますね。


 



この作品は寺山修司さんが1963年に書いた戯曲を、蜷川幸雄さんが演出したものです。

1960年代の高度成長する日本を舞台に個性的なスラムの住人達のなかで、反体制の視点を象徴的に描いた作品ということですね。ちょっと難しそうですね・・・。その中で、亀梨和也さんは正義と現実の狭間で苦悩する青年を演じます。

亀梨さんはこれまではジャニーズの中での台本、演出、でジャニーさんと一緒に作り上げる舞台はやってきていましたが、蜷川幸雄演出は初めてということで、かなり鍛えられるのではないでしょうかね?実は蜷川幸雄さんには亀梨さんが16歳の時に会っているそうで、

そのときにも「今度是非一緒に舞台を!」と言われていたらしいですね。今回は蜷川幸雄さん直々のご指名だとか?いままでは、映画やドラマなどで演技の幅を広げてきましたが、それが舞台になってどのように発揮出来るのか?興味がありますね。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


蜷川幸雄さんの演出は厳しいことで知られていますが、萎縮せずに自分が培ってきた所をだせれば良いと話していました。今までの経験と新しいこと、どちらも消化できればというふうに話していました。また音楽も松任谷正隆さんということで、こちらも蜷川幸雄さんと組むのは初と言うことです。どんな感じになるのか想像出来ませんが、きっと素晴らしい化学反応をおこして素晴らしい舞台になるのではないでしょうか?


 

チケットは争奪戦になること間違いなし!公演はオーチャードホールで24公演、オリックス劇場で12公演、ということで、公演回数も少ない上に、亀梨さんのファンだけではなく、蜷川さんのファンも大勢いらっしゃるでしょうから、チケットを取るのも大変ですかね?

舞台でますます演技力に磨きをかけて、また連ドラに主演して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。