亀梨和也主演ドラマ『セカンドラブ』の結末に大注目! ネタバレ注意

夜メロをキャッチコピーに謳っているドラマ『セカンドラブ』に主演しているKAT-TUNの亀梨和也さん。毎週金曜日23時15分からの放送で、3月6日で第5話を迎えました。

不倫愛を描いた『セカンドバージン』などの脚本を手がけた大石静さんが、今回のドラマも担当しています。

3月下旬は最終回を迎える連続ドラマ。そこで、改めて『セカンドラブ』のあらすじ、そして5話までのお話をおさらいしましょう。


ここまでのあらすじ

亀梨和也さん演じる平慶(たいら けい)はコンテンポラリーダンサー。

ヒロインの深田恭子さんが演じているのは高校教師の西原結唯(にしはら ゆい)。

コンテンポラリーダンサーとしての芽が出ず、日常に嫌気がさしていた平慶は、自転車で通っていたところをたまたま見かけた高校教師の西原結唯に一目惚れ。

 

学校に不審者と疑われながらも、西原結唯に連絡先を渡すことに成功。

西原はもともと同僚教師である妻子持ちの高柳先生と不倫関係にあったが、高柳先生とも別れてしまうほど平慶に惹かれてしまう。

 

そこから二人の距離が縮まるのは時間の問題で、あっという間に同居することに。

西原結唯の母は結唯の給与で生活していたこともあって平慶との同居には大反対しましたが、結唯がその反対を押し切って家を出て、そこからは良い関係のまま第4話へ

 

第4話では、平慶のコンテンポラリーダンサーとして、ではなく振付師として開花するシーンがあります。

もともとダンサーとして関わっていた演出家に、今最も盛んなダンサーである一之瀬佑都のためにドイツ語の通訳を頼まれ、平は引き受けることに。

 

そこで一之瀬に軽傷のアクシデントが。代役も持ちかけられまし

たが、断る代わりに、軽傷を負った一之瀬に対応した振り付けを考え出し賞賛を浴びることに。

 

そこからは振り付けのオファーがありCMの振り付けのオファーや、平慶自身がCMに出演するオファーなどが殺到し、生活は一変。忙しい日々がやってきました。

そして展開は第5話へ。

 



 

第5話の内容

第5話では、平慶の仕事の忙しさと、彼の情熱から西原結唯への気持ちが薄れたようにも思われ、ふたりの関係にヒビが入ることに。

そして、結唯の同僚の教師である高柳先生に不倫を詰め寄られることに。

 

そして、平慶のマネージャーとオフィスの電話番にはかねてから平に好意を抱いている野口綾子にお願いし、

慶と綾子が一緒にいるところを結唯が目撃するなど、二人の気持ちが離れていくばかり。

そんな中、慶と綾子は仕事のためロンドンに行くことになって・・・。

 

第6話は来週3月13日に放送です。

亀梨和也さんのスタントなしのダンスがとても美しく、お上手です。

最終話まで残り数話とここからの急展開も期待できます。楽しみですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

亀と山P 青春アミーゴ披露!Mステで語ったJr.育成論とは?

NO IMAGE

亀梨和也が前髪を伸ばしている理由は役作り?稽古でケンカ?

KAT-TUNとSMAPのメンバー愛の違い!?KAT-TUNはプロ意識が強い!?

カウコン決定に水を差すジャニーズ事務所のKAT-TUNへの対応ぶりとは!?

亀梨和也ドラマ「怪盗山猫」視聴率急降下!充電期間中は大丈夫?

 亀梨和也の舞台「青い種子は太陽のなかにある」内容と見どころは?