京本大我、来年は飛躍の年!舞台にドラマに大活躍!体調だけが心配!?

SixTONESの京本大我さんが来年2月19日から東京と大阪で上演される舞台
「スーベニア~騒音の歌姫~」に出演することが決定しました。



京本大我さんといえば、知っての通り、俳優の京本政樹さんの息子さんです。


 
母親も元アイドルの山本博美さんということで、美男美女の遺伝子を持って生まれてきているわけです。
それはイケメンに育ちますよね。2006年にジャニー喜多川社長にスカウトされるのもわかります。
京本政樹さんは最初、芸能界の厳しさを知っていたため、息子を芸能界に入れるのには抵抗があったようですが、
本人の強い意志も有り許したと言うことですよね。
でもね、これだけイケメンなら放っておきませんよね。いずれジャニーズ事務所じゃなくても、どこかでデビューしていたんじゃないでしょうか?
それだけのイケメンぶりです。

さて、京本大我さんSixTONESとしても活躍していますが、個人でもドラマ、舞台などで活躍しています。
昨年は「鼠、江戸を疾る」でテレビ時代劇初出演も果たしました、時代劇なんかで見ると父親の「必殺仕事人」を思い出してしまう
私は結構な年ですが、そういう人もおおいのではないでしょうか?
そして舞台では「エリザベート」で城田優さんとキスシーンまでしていました。舞台をやると演技力も上がりますし、度胸が付くでしょうね。いろいろな経験を積んで、これからが楽しみです
そして今回の「スーベニア」ですよ。

「スーベニア~騒音の歌姫~」は実在した人物がモデルになっていて、11年前にブロードウェイのヨーク劇場カンパニーで初演を迎えた後、評判になって、再演されてロングランになったほどの人気作品ということです。
期待が高まりますよね。そして大我さんの役どころは、三田佳子さん演じるソプラノ歌手をサポートする若きマネージャー役ということです。
そして三田佳子さんに恋心を抱いていくということなんですよ。
ちょっと年齢差はありますけど、どんな恋愛になっていくのか興味がありますよね?
まだ二人の出演しか発表されていませんけど、そのなかで名前が出るというのは凄いですよね。
期待されているということでしょう。


 

 

来年は本当に忙しい大我さん。ジャニーズワールド、スーベニア、の舞台そしてドラマ「鼠、江戸を疾る2」、エリザベートの舞台と
ほぼ休みがないんじゃないでしょうか?でも逆に言えばここが勝負時です。
認知度はたかまって、演技が上手いとなれば、活躍間違いなしでしょう。
親の七光りではない、大河さんの実力を見せつけて欲しいですね。
忙しいので、体調管理だけは気をつけて欲しいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Six TONESストーンズのメンバーに田中聖の弟?京本政樹の息子?

NO IMAGE

京本大我の身長や大学は?舞台「エリザベート」で鍛えた歌声はジャニー社長も絶賛!!