修二と彰が2017年に復活?野ブタをプロデュース伝説の2人が帰ってくる!

修二と彰が2017年に復活?野ブタをプロデュース伝説の2人が帰ってくる!

先日の「嵐にしやがれ」の最後に、4月から1時間繰り下がって現「しやがれ」の時間帯に入る「ドラマ枠」の作品の発表がありました。

土曜10時ドラマの第1弾作品は「ボク、運命の人です。」KAT-TUNの亀梨さん主演作で、山下智久さんが共演します。

亀梨さんが運命を信じる男性で、山下さんが謎の男役と言うことです。


当時は社会現象に……

この2人と言えば今から12年前。ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の「修二と彰」として大人気になりました。

ドラマも大人気でしたが、何より凄かったのが主題歌の「青春アミーゴ」ですよね。その年の11月に発売されたにも関わらず、その年のNo1ヒットに。記録されているだけでも169万枚売れたそうなので、実質はもっともっと売れてるはずです。数週間で、ミリオンセラーを軽く越えてしまいました。

 


 

ドラマを主に見ていた中高生だけでなく、その親御さん世代や、おじいちゃんおばあちゃんの世代まで、日本中幅広い世代に浸透して社会現象になりました。

ちなみにですが、「シングルのミリオンセラー」という記録は、現在の嵐の人気をもってしても達成できていません。

そう考えると、この記録がいかに凄いことかわかりますよね。

 



 

24~30歳世代大歓喜!!

今回の情報解禁を受けて、特に喜んでいるのが、現アラサー前後の世代です。

ドラマがヒットした05年に、ちょうど中高生だった世代にあたり、リアルタイムにドラマを観ていた人が多い世代になります。当時を懐かしく思い出した人も多いようで、ジャニヲタやファンではないけど嬉しい!という声が多く見られました。

まとめ

長く続いた土9の枠に「しやがれ」を持ってくる大改革に踏み切るということで、反対も多いと予想されます。それだけに、土10としての最初の作品がある程度良いものでないと厳しいなと思っていました。

 

それだけに、ここに来て、かつての伝説の2人を復活させるという「喜ばせ方」に、「そう来たか!」と、いい意味で裏切られた気持ちです。どうやって一発目を華々しくするかというところが気になっていたので、日テレの作戦には感服してしまいました。

かつての修二と彰世代の人も、今の学生世代の人も、楽しめるドラマになること間違いなしです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

亀梨和也の新CM「RAIZIN」がカッコイイ!KAT-TUNの活動は

「アルジャーノンに花束を」の感想!第5話レビュー

このままで大丈夫?山下智久に忍び寄る劣化へのカウントダウン!

亀梨和也の男性ファンが急増中している理由とは?

山下智久の「アルジャーノン」第8話!視聴率が悪すぎる理由とは?

NO IMAGE

山下智久に負けるな!永妻怜央のイケメンぶりに期待!!