堂本光一が新曲Spiralへの思いを語る!歌詞の意味は?

7月8日に、約3年ぶりのソロアルバム「Spiral」をリリースするKinKi Kidsの堂本光一さん。

「オリスタ」7月13日号では単独表紙を飾っていますし、インタビューや読者からの質問にも答えています。



堂本光一さんのグラビアは真顔カットが多いんですけど、今号ではいつもとちょっと雰囲気の違った表情も楽しめるようですよ。

インタビューでは、アルバムの全曲解説をしていますが、曲ごとへの制作へのこだわりぶりはかなりのものらしいです。

 

光一さんは楽曲のコーラス部分もすべて自分で重ねて収録為ているそうで、ファンなら当たり前に知っていることなんでしょうけど、それって凄く大変な作業ですよね。

歌の録りが、やってもやっても終わらなかったということですよ。

 

苦労がうかがえますし、気合いも伝わりますよね。

曲により、かなりの試行錯誤を為ているのが伺え、本人はそれを”気分”と表現していますが、その光一さんの”気分”を表現するのには、かなり心血を注いで作り上げた楽曲と言えるのではないのでしょうか。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


インタビューの最後には、自分のもの作りのやり方としては、曲を完成させるのはお客さんという気落ちでいると言うこと。

だからこそ、ソロの時は自分の生き様みたいな物は歌わない!というポリシーがあるようです。

 

歌詞の解釈をリスナーに任せるということですかね。

判断するのは聞いてくれる人ということでしょう。

 

ソロでの活動とKinKi Kidsでの活動はやはり違うんでしょうね。

堂本剛さんもソロ活動為ていますが、あちらはあちらで独自の世界を作っていますよね。

 

光一さんも違った方向性で進んでいるとは思いますけどね。

芸能界でビューから20年以上もたち、それでも未だに写真を撮られることと、自分語りは苦手だという堂本光一さん。

 

そのギャップがファンにはたまらないんじゃないでしょうかね。いまだに独身ですけど、そろそろ結婚も考えているんですかね。
プライベートな事はあまり、語らないですよね。とてもミステリアスですが、そこが良いという方も多いと思います。

これからもソロ活動に、KinKi Kidsの活動に頑張って欲しいと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。