安井謙太郎のマルチな才能を発揮!俳優とMCはどちらが向いているの?

安井謙太郎くんといえば『ガムシャラ』の司会者として大活躍中ですが、
彼が今ほど目立つ前、かつて一世を風靡した深夜ドラマ『黒服物語』に出演していましたよね。



けれどもこの深夜ドラマ、主役の中島健人くんばかりが目立って、
安井謙太郎くんは、脇のほうの人。


 
セリフを言ってた記憶はあるけれど、当時は安井謙太郎くんの名前すら知らなかったので、
ジュニアなのかどうかさえわかりませんでした。

しかも、安井謙太郎くんの役柄が、ちょっぴり意地悪なキャラクターでしたから、
安井謙太郎くんのすでにファンだった方の中にも、
印象に残らない、というか、印象に残したくない、
という思いを抱いた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

だって、大好きな安井くんは、あんな意地悪な人じゃないもの。。。
という思いで見ていたのではないかと。。
けれども、役者としてみたとき、
いかにもかわいいキャラクターとか、イケメン王子様的ポジションとか、
そういうのもいいですけどもそれだけじゃまだまだダメで、
ときには意地悪な役立ったり、悪役だったり、
いろんな顔を演じ分けられないとアイドルの枠からはみ出ることができませんよね。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


しかも、悪い役のときは、徹底的に憎まれるくらい役に入り込んだほうが、
演技としては上級なわけで、ファンとしてはあえてドラマに没頭して、
それを安井くんがやってるんだってことを感じさせないようにさせていてくれた安井くんの
役者としての腕前は、ものすごいことだと思うのです。

バラエティーでのスムーズな司会ぷりをみていると、
司会に向いてる人なのかなぁと思いがちですが、
あれだけ上手に司会ができるということは、
要するに求められた役回りに対して、
その役に成りきって演じ分ける腕を持っているということで、
司会以外のポジションでも、
彼の魅力を存分に発揮しながら生きていけるのだと思いますね。


 

 

その証拠に、コンサートでマイクを握れば、
それはアーティストの顔そのものですもんね。

そんなところからも、安井謙太郎くんの
アイドルの枠を飛び出した役者として、アーティストとしてMCとしての
マルチな才能が見えているんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。