山田涼介「カインとアベル」大コケの理由はズバリこれ!月9初回史上最低視聴率

山田涼介さん初の月9主演で話題になった「カインとアベル」ですが、なんと月9初回史上最低視聴率を記録する不名誉なスタートになってしまいました。

 

カインとアベル
 

ヒット作の宝庫である「月9」において、なぜこれほどコケてしまったのか。今回は、その理由を考察してみたいと思います。

あくまでも個人的意見ですが、ジャニーズタレントが主演するドラマ(とくに月9)がヒットするには、いくつかの条件があるように思います。


「ジャニーズ作品」成功の方程式

まず大切なのがタレントのキャラクターだと思います。より多くの人から「この人が出てるならみたい」と思ってもらえる事が大切なのです。

人気があっても、好き嫌いが分かれてしまうようなタイプの人だと、取り込める視聴者も限られます。

山田涼介さんは、人気は確かにあるのですが、キャラ的にナルシスト的な面があるので、万人受けするかというと疑問符が残る気がします。

 

個人的に思う一番のカギは、「万人受けするか」と言うことです。要は、ファン以外にも観てもらえる作品であるか。という事です。

ファンは、担当が出ているだけで嬉しいので、たとえ面白くなくても絶対観ます。

 

でも、ファンだけでは視聴率は稼げません。ファン以外の視聴者をどれだけ取り込めるかが、高視聴率のカギだと思っています。

 

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


 

松潤でもコケた!

ここからは、その方程式を、具体例で紐解いて行きたいと思います。

嵐で唯一、複数回の月9主演を経験している松本潤さん。2012年放送の「ラッキーセブン」は、作り込まれたストーリーと、松本さんの華麗なアクションがウケてヒット。

翌年の正月にSP版まで放送された人気作品になりました。

 

2016-10-20_004458
 

一方、そのちょうど2年後に放送された「失恋ショコラティエ」は、「これホントに月9なの?」と言うような過激なラブシーンのお陰で視聴者が限られたこともあり、月9にしてはお粗末な結果になってしまいました。

 

このように、まずは万人受けする事がとても大事なのです。

「カインとアベル」はラブストーリーということで若い女性にターゲットを絞ったものと思われますが、展開も悪く全体的に暗いという声がちらほら見られ、さらに視聴者を取り込めるかというとなかなか厳しい現状がうかがえました。

 

次回以降に期待したいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。