山田涼介主演「カインとアベル」大爆死を回避する方法を考えてみた

いよいよ始まりました、山田涼介くん主演の「カインとアベル」

これまで数々のドラマ出演を果たしてきた山田涼介くんですが月9主演は今回が初めて。



「カインとアベル」は旧約聖書の中の物語で、すでに韓国ではドラマ化され大ヒットしました。有名な「エデンの泉」も「カインとアベル」が原案です。

人気コミックや小説の実写化とはまた違う重みがありますね。「カインとアベル」はアダムとイヴの息子たち。性格も能力も正反対の兄弟が本来愛してはいけないひとりの女性を巡って・・・・。

 

早くも「大爆死の予感」の声もでていますが、これだけの名作をリメイクするとなれば脚本も演出も相当なものを作り上げなければ必ずマイナス意見がでてくるでしょう。

でも、だからこそ「あの名作を山田涼介が演じたらどうなるか?」に注目です。高島政伸さんのヒゲと竹刀を振り上げる姿が現代とかけ離れていてもいいんです。

 

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


 

言い出したらきりがありません。これは古くからある物語だ、と思って観てください。韓国でブレイクした作品と思って観てください。

多少くさいあらすじも設定も飲み込めると思います。以前韓国で大ヒットした「美男ですね」のリメイクが日本でもブレイクしたようなあの感覚で観てください。あらすじなんておおよそわかっています。観るべきところは、山田くんの顔、苦しみ抜く表情、いけない恋とわかっていても止められない姿、ここです!

 

2016-10-24_002959
 

倉科カナさんを自分に当てはめて自分のために必死に追いかけてきてくれる山田くんをじっくり眺めましょう。山田くんは困った顔がとっても魅力的です。

困難な状況であればあるほど。子犬のような顔をしてめちゃくちゃ頑張ります。これは演技だけではなく日頃の山田くんも頑張りすぎて無理をしてしまうほどの努力家だそうです。無理をしてケガをしても体重が激変しても決して表には見せずにお仕事に取り組むプロ意識の高い人です。

 

そして語り方がものすっごく優しいです。昨年の24時間テレビのドラマ「母さん、俺は大丈夫」のなかの「母さん、大丈夫?僕は大丈夫だから」や「暗殺教室~卒業編~」の涙交じりの「さよなら、殺せんせー」など思い出すだけで涙腺崩壊。

ものすごーくソフトななんともいえない優しい口調で囁く彼のセリフ回しも注目ポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。