山田涼介主演のカインとアベルが何故おもしろいのか理由を考えてみた!

山田涼介くん主演の月9ドラマ 「カインとアベル」11月21日の第6話で視聴率9.0%と、これまでの中で最高の数字を取りました。

実は私も第5話から観はじめた初心者ですが、感想は「普通におもしろい」です!なぜおもしろいのか考えてみました。


観ていて疲れないドラマ

「カインとアベル」はどこか懐かしい匂いのするドラマです。昔のドラマには必ずいた「クセの強すぎる登場人物」がこのドラマには沢山います。

特に南果歩さん演じる伯母はとてもわかりやすい「クセ者」ですね。でもインパクトが強いだけでひねりはないので「この人が後々キーマンになるのか?」ということもなさそうです(笑)この「観ていて疲れない」感じが私は好きです。

 

最近の連ドラは展開も早く予想不能な事態が起こるので疲れてしまうことがありませんか?ネタバレを封印したり、1週見逃したらもう気分が離れてしまったり。

「カインとアベル」は良くも悪くもそこまで深追いをしなくてもこれまでのストーリーも今後の展開もだいたい読めます。

この気楽さが魅力のひとつかもしれません。ちなみに初心者の私も第5話から見たのですがなんの違和感もなく楽しめました。

 

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


山田涼介くん演じる優君にメロメロ

山田涼介くん演じる優君のサクセスストーリーが始まり始めた第6話は気分爽快!スカッとしました。

優君はとにかく謙虚です。いったいこれまでどれだけ虐げられてきたの?と苦しくなるほど、どんな場面でもとっても謙虚なんです。

大事な取引先との会食に呼ばれても、大きなリゾート開発のリーダーに任命されても、もうこれってビッグウェーブきてるのわかるよね?!と思う場面でも天狗にならずに父と兄を支えようとする姿が可愛すぎて母性本能をくすぐられます。

 
倉科カナさんは安パイ?
私は自担のラブストーリーが苦手です。キスの仕方にクセが出るし、過去の熱愛記事を思い出してしまうから(涙)相手の女優さんが誰か?もすごく気になるところです。

今回のヒロインは倉科カナさんですが今回なぜかざわつきません。

 

倉科さんは来月30歳。

山田涼介くんとの年の差と倉科さんのプライベートの熱愛充実度のおかげで「安パイ」感があり、これもすんなり受け止めることができました。

 

物語はいよいよ大詰めに差し掛かってきます。この先ハラハラする展開もありそうですが、これまでタイミングを逃して観ていなかった方にも是非おすすめです!面白いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。