嵐の大野智が語った!V6は嵐の青春時代?その理由とは?

今は大人気のといえども、昔はやっぱり下積みがあったわけで・・。
それこそジャニーズjr時代を経て今があるわけです。



と言うわけで今でもV6の曲が流れると嵐の5人全員がV6のバックダンサー経験していると言うことで、普通に踊れるということですね。それだけ必死にjr時代を過ごしていたんでしょうね・・。
これは7月2日放送のVS嵐で披露されていましたよね。


 
V6が全員揃うと嵐のメンバーはみんな、感動してしまうそうです。
大野さん曰く「僕らにとってはV6は青春なんですよね」という言葉が胸にしみます。
逆に考えると、若い楽しい青春時代をジャニーズjrとして過ごしていると言うことです。
まあ、楽しいこともたくさんあるでしょうけど、厳しいこともあるでしょうね。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇

そんな時代を乗り越えて、今のがあると言うことでしょう。でもjr時代は大変なようです。夏休みのツアーなどは同じ会場で、違うグループが出演するんですよね。たとえば1日目にKinKi Kids、二日目にはV6,三日目にはカミセン、次はトニセンみたいなかんじらしいです。で、jr時代はバックダンサーを務めているので、そのそれぞれのグループの振り付けを覚えなくちゃいけない。これは大変じゃないですかね?メインのグループは一回やれば終わりますけど、バックダンサーは出ずっぱりですし、疲れると思います。
でもそうやって、ライブやツアーのやり方を覚えていくんでしょうね。ツアーの進行も覚えられるでしょうし、それこそダンスの基礎みたいな物も覚えていくんでしょう、それが後に自分たちがメインでやるときに役立つんじゃないでしょうか?そう考えると、ジャニーズjrってよく出来たシステムだと思います。
大野さんも振り返って自分でも”よくやってた”と思うと話しています。


 
そんな大野さん、V6の20周年コンサートは是非見にいきたいと言っていました。
感動して泣くんじゃないかと話してましたし、僕の20周年でもあるからとコメントしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。