忍びの国 舞台挨拶全国生中継レポ ~アンチ嵐目線でみた大野くん~

嵐 大野智くんの主演映画「忍びの国」が7月1日から公開になりました。これまで怖くて言えなかったこと・・・私、アンチ嵐派です?でした(小声)。そんな非国民のヲタクが公開初日に映画館に駆け込んだワケと嵐素人から見た映画の感想、そして全国に生中継された舞台挨拶の模様をレポします。




初日大入り!

初日舞台挨拶の模様は全国169か所の映画館で生中継されました。これすごく画期的!舞台挨拶の抽選は激戦で、まして大野くんとHey!Say!JUMP知念侑李くん揃っての登場となれば当たるはずもなく(泣)。

そんななか全国169ヶ所の映画館でその模様を生中継!となれば行くしかない!そして7/1ということは映画の日!お得だらけのこの機会を逃すまい、と行ってきました。この作戦?は功を奏し、9:30~の上映にもかかわらず劇場は満員!嵐ファンかなと思われる主婦ママ友グループ、親子、友達、カップル、ぼっち、と年齢も関係も様々な人たちでにぎわっていました。

 

アンチレベル

何かが嫌なわけでもなく、萌えるツボ、ハマるツボが見つからなくて嵐ロードを歩んでこなかった私。これほどの国民的グループなのでベストアルバムは友達に借りて聴いていたし、番組もゲストによっては観るから完全拒否ではなかったけど・・・嵐がそれ以上の存在になることはありませんでした。嵐が色々な記録を打ち立てるなか「へえ」と他人事に思う事18年。嵐ウェーブにまったく乗らない人生でした(さらに小声)。

 

大野くん主演にハズレなし!

アンチとはいえ「大野くん主演にハズレなし!」は以前より思っていました。(阿部寛さんと並んで絶対の信頼がおける存在)前回の主演作「怪物くん」はドラマに続く形で公開されましたが、今回の「忍びの国」は歴史小説の映画化。大野くんが忍者を演じるなんて面白いに決まってる!

また「大野くん主演のテーマソングはイイ!」も私がずっと思ってきたこと。今回の主題歌「つなぐ」もやっぱりイイんです!

完成披露試写会で石原さとみさんが言っていた「(大野くんは)努力をみせない人」の言葉、NHK「あさイチ」のプレミアムトークのゲストに大野くんが出演した際、司会のV6の井ノ原くんが言っていた「大野くんが走ってる顔がすごく良い表情をしていて(その場面が)好きだ」の言葉。この二つがなぜか胸に刺さって放送後に慌てて初日のチケットを取ったわけです。

この「あさイチプレミアムトーク」が私の中ではかなり大きかった!近い先輩の井ノ原くん(あんな穏やかな顔をしてるけど当時はなかなかのヤンチャ)との昔話や事務所あるあるが大野くんの素をうまく引き出して(そこに乗っかる有働さんがファンの代弁者となっているのも最高)

こんなに腰を据えて色々なことを語る大野くんを観たのはすごく久しぶりで、同じ話(辞めようと思ってた話など)もこの年の大野くんが語るとまた重みが違っていて、それをいつもと同じように飄々と語るからその不思議な魅力にもっと知りたいと思う気持ちが湧いてきました。紆余曲折を知る井ノ原くんが絶賛した「走る顔」ってどんな顔?と思ったわけです。(嵐への扉がほんの少し開いた記念すべき瞬間(笑)!)

 

忍びの国

最近、ストーリーより「顔」を拝みに行く感覚で映画を観ることが増え、感想が「顔がかっこよかった」で終わってしまう作品もチラホラ・・・(ナイショ)。そんな中、久々に骨のある作品を観た、そんな印象を受けました。「忍びの国」おもしろいです!声を大にして伝えたい・・・オススメします!!泣いて笑って観終わったときにスッキリして「よし!明日からまた頑張るぞ!」と思える映画でした。

これってエンターテインメントとしてすごく大事だと思うんです!(力説)

そして大野くん演じる無門がスーパーかっこいいです!結婚したい忍者NO.1!有言実行なんです。やる気スイッチを押せば必ず約束を果たす男。そして愛する人へのまっすぐな気持ち。無門の大野くんんと結婚できたら10000%幸せになる!

 

舞台挨拶生中継

舞台挨拶は大野くん、石原さとみさんを中心に鈴木亮平さん、立川談春さん、監督、知念くん、伊勢谷友介さん、マキタスポーツさんが登壇しました。映画の宣伝のために色んな番組で大野くんと石原さとみさんのツーショットを観ていますがこの二人が並ぶとかわいいですよね!地元がご近所ということで通じるもの(武蔵野臭?)があるのでしょうか?幼なじみ感がすごい!共演者キラーの石原さとみさんが相手でも何も発展しない雰囲気がするから不思議(笑)。

石原さとみさんと絡む時より強火大野担である知念くんがベタ褒めしたときのほうが照れてます(笑)。この誠実さを見たら大野担はやめられない!(納得)

ちなみにパンフレットにも二人のものすごーくかわいいオフショットが載っているのですが、そちらも余計な感情を持たずにほのぼの観ていられるのでご安心ください!

 

いつもの大野くん

もっと苦労話したっていいじゃない!もっと「俺頑張った」感を出したっていいじゃない!「すごい自信ある!」って言ったっていいじゃない!ガンガンにトークに切り込んでいってもいいじゃない!「僕が座長です!」くらいの雰囲気出したっていいじゃない!

・・・とよくある舞台挨拶の模様と比べて思いましたが、大野くんにはそのかけらもありません。謙虚でひたすら感謝の言葉を述べる姿は私がテレビで観ている大野くんそのままでした。あれだけの殺陣を一日でマスターした人がこんなにフラット?と驚くほど。

監督にもぼーっとしてる男と言われ、石原さとみさんにも存在を消せると言われてもそれを心地よく聴いている大野くんが本当に素敵でした。共演者たちから愛されていることがすごく伝わってきました。これは嵐メンバーと居るときも同じですね。みんながいじりたくて仕方ない、といった感じなんです。まさに人徳!(大野くん半分神様なんじゃないかな)こんなに魅力的な人をよくここまでスルーできたな!と一昨日までの自分に言いたい(笑)!

「自信作だから観てほしい!」といった自信満々な言葉はなく「朝早くからありがとうございます。楽しんでもらえたらうれしい。本当にありがとう」とどこまでも謙虚ないつも通りの大野くんに会場全員目がハート(笑)。大野くんてこんなに素敵な人なんだ・・・(心わし掴み)。

 

撮影は昨年7月から始まり、1年間大切に温めてようやく公開になりました。

映画の肝となる鈴木亮平さんとの殺陣のシーンは必見です!3日間かけて撮影したこのシーンは両者本気でぶつかりあう様子がものすごい迫力で伝わってきます。

これアイドルがやるレベルなの?と思うほど迫真の演技です。鈴木亮平さんとの短刀を使った力比べでは顔を真っ赤にして戦う大野くんに息を飲む緊張感がありました。(主演男優賞取ってほしい!というか取れなきゃ発狂する!!)

 

まとめ

出逢いが遅いとハマった時の振り幅が果てしない「遅咲きの恐ろしさ」を知っているだけにこの先この大野くんへの熱い思いがどこに向かってゆくのか我ながら恐ろしくなりますが(笑)、大野くんが愛される理由を沢山見つけた実り多い一日になりました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大野智が有岡大貴と共演のCMでの裏話を暴露!有岡大貴は可愛いよね!!

大野智が7年ぶりの個展「FREESTYLEⅡ」大盛況の様子を調査!!

嵐、ブレイク前夜の内容は?実は嵐は仲が悪かった?

俳優として大忙しの二宮和也!どこにその魅力があるのか検証してみる! 

フジテレビの年末年始は今年も嵐一色! 録画容量が足りないかも!?

嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」がドワンゴで先行配信!!