戸塚祥太坊主の過去?奇行伝説とは?これからのドラマ出演はどうなの?

A.B.C-Zの戸塚祥太さん。昼ドラ「癒し屋キリコの約束」では癒し屋の一員であるバイク便ライダー・上山涼役で出演していました。超クールで無口な役ということで、あまり台詞がなかったですが、”一言いう台詞の声が美声で素敵”と主演の遼河はるひさんに褒められたんだとか・・・。
とても良い役でしたよね。今後も俳優業期待したいです。



さて、そんな戸塚さんですが、過去には坊主頭にしたこともあったそうです。


 
映画の為とか言われていましたが、映画「日本のいちばん長い日」の撮影期間は2014年10月14日からで
坊主にしたのが2013年ということですから、映画は全然関係ないですよね・・。

戸塚さんは”仕事を辞めようと思っていた”ということです。
それで突然坊主にしたということですね・・。グループにも貢献していないし、人前に出るのも苦手で、表舞台には向いていないと
考えたそうです。でもそこで思いとどまったのは、やはりグループのためということです。
”4人の人生を棒に振るわけにはいかない”と思ったからということです。

KAT-TUNの田口淳之介さんに聞かせてあげたい台詞ですけどね・・・。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇

真面目に自分を見つめることが出来る戸塚祥太さんですが、奇行伝説というのも数多くありますよね。
”ホテルで寝れないので一心不乱にでんぐり返しをしていたら朝を迎えた”
”曲の間奏中に出ていたシャツを全部INする”まだまだ他にもあるようですが、戸塚さんの父親も破天荒な人だったようで
”建築現場のお仕事で3階から降りるところ、面倒で飛び降りたら、足が複雑骨折した”ということです。
親譲りの奇行ということでしょうかね?これは仕方が無いかもしれません。


 

 

昼ドラ「癒し屋キリコの約束」での演技も評判が良かった戸塚さん。
今後のドラマ出演はどうなんですかね?
いまのところ新しいドラマというのは決まっていないようですが、期待したいですね。

 

他にも2013年から「ダ・ヴィンチ」で連載していて、それが評判良いようですね。
文才もあり、作詞活動もしていると言うことで、隠れたインテリとしてこれから活動の幅が増えるかもしれません。

歌えて、踊れて、演じられるマルチなパフォーマー・戸塚祥太さんの今後に期待せずにはいられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。