木村拓哉主演映画「無限の住人」に早くも大コケ決定との噂が・・!

SMAP木村拓哉さんといえば、今までも視聴率を稼ぎ出した高視聴率男として有名です。
ドラマでは木村さん主演のヒット作は数多くあります。皆さんも一度は絶対に見たことがあるでしょう。
それぐらい木村さんの俳優としての地位は高いものがあります。


そしてその木村さんが主演の映画「無限の住人」が実写化されます。


 
実写化というぐらいなので、原作があり、それが漫画です。
漫画「無限の住人」はヒット作で、全世界で人気があります。
侍の話なので、日本という感じがするのかもしれませんね。
1993年に連載開始ということで、今まで実写化されていなかったのが不思議な作品ではあります。
でも実写化されていないというのには、それだけの理由があるということです。
現在は漫画や小説を原作とした映画が多数あります。
それだけ、業界の人も原作があるものを映画にしようという考えが主流のようです。
それなのに、「無限の住人」が実写化されていなかった理由とは何でしょうか?
それは、リアリティあふれる世界観があるからです。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇

主人公は不老不死の肉体を持っています。それこそ、腕が切れたり、傷ついたりは日常茶飯事の世界です。
生首になったりすることもあるようですしね。要は残酷描写満載の作品ということです。
ここで、考えます。ジャニーズタレント木村さんにそんなシーンが演じられるのか?
木村拓哉さんの生首なんてシーンが撮影できるのか?ということです。
傷だらけになって戦うシーンが多数あり、残酷シーン無しでは表現できない世界観なので、
それを木村拓哉主演で大丈夫なのか?ということですね。
これはネット上でもかなり噂になっています。
「原作のファンだけどスルー確定」「ジャニーズにはできない」という声が多いということですね。
また、今の時代は表現規制が蔓延していますから、どこまで映像化できるかという疑問も残ります。
何をやってもキムタク!という作品にならないことを祈りたいですね。
それこそ、残酷シーンが全然なくて、木村さんのかっこいい殺陣シーンやアップばかりなんていう作品は誰も見たくないでしょう。そういう意味では木村さんの覚悟が問われる作品だと思いますね。
主演の木村さんが残酷シーンをやるといえば、ジャニーズ事務所も納得するでしょう。


 
それこそ、木村拓哉がこの作品で斬新と思えるほどの、ニューキムタクを見せてくれることを期待したいですね。
公開は先なので、注目して見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。