生田斗真また主演映画?トランスジェンダーって何?人気の秘密は?

ジャニーズ事務所所属の俳優・生田斗真さん。


 

 

ジャニーズ事務所では珍しい俳優業メインのタレントですよね。
他には風間俊介さんもいますけど、生田さんの方が特殊な感じがします。



最初はジャニーズJr.で活動していて、グループでデビューかと思われましたが、俳優として活動していますよね。
最初は苦労したとは思いますが、その苦労が報われて今があるんだと思います。
それぐらい今は活躍していますよね。主演作が目白押しです。
では、どうやって俳優・生田斗真は成功できたのでしょう?人気の秘密に迫りたいと思います。

生田さんにも不遇の時代がありました。それこそ嵐とかと同じ年代の訳ですし、デビュー出来なかったのは悔しかったでしょう。
その頃には俳優としても、あまり活躍出来ていなかったですよね・・。
フジテレビ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」あたりでブレイクした感じがありますよね。


 

 

生田さん本人によると転機は2002年、「劇団☆新感線」の舞台に出演したことだと言います。
そのときに自分より年上の大人と芝居をすることが楽しく、自分もこう言う生活を一生続けたいと思ったそうです。
それからは小さな劇場から大きな劇場までチケットを頑張って買って、見に行ったりしていたそうです。

そういう頑張り、苦労が報われたからこそ、今の生田斗真さんの活躍があるんでしょうね。
また、生田斗真さんの性格もありますよね。色々な人からも好かれる性格、誰にでも優しい、場を読める力もある。
「自分の環境を変えるんじゃ無くて、自分で環境を変えればいいんだ」と思ったそうですが、
それが実行出来るっていうのが、生田斗真さんの強みだと思います。

そんな生田斗真さんが、今度は主演映画「彼らが本気で編むときは、」でトランスジェンダーの主人公、リンコを演じます。


 

上は違うドラマの女装ですけど、綺麗です・・・。
トランスジェンダーって何?ってことですが、トランスはラテン語で「乗り換える」「逆側に行く」という意味で、ジェンダーは英語で「性」を意味します。
その二つが合わさった造語がトランスジェンダーです。
意味としては遺伝子上の性とは違う“性自認”がある人です。
同性愛者や異性愛者、両性愛者、全性愛者、無性愛者だったりすると言うことですね。

この役は非常に難しいと思いますよ。
でも生田斗真さん自身が、こうした役柄をいただくことはそうないこと、全力で取り組んでいる」ということです。
こうした前向きな所も生田さんの長所でしょうね。
また、こう言う作品に出演することによって、オファーも沢山くるでしょうしね。

共演は桐谷健太さんですが、とても素敵な作品な感じが今からします。
監督は「かもめ食堂」「めがね」などの萩上直子さん。
脚本も自ら書き、主演は生田斗真さん以外考えられないと指名したということです。

映画公開は来年2月25日公開とまだ先なんですが、とても期待してしまいます。
監督からのオファーが多いというのも生田斗真さんの人気を裏付けますよね。それだけ信頼、演技力の高さが認められているということでしょう。
これからもジャニーズNO.1の俳優として頑張って欲しいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

相葉雅紀の運命を変えたのはパスポート?強運の持ち主に違いない!

2016年ジャニーズタレントのお年玉事情!誰が誰にあげてるの?仲の良さもわかる?

中居正広の6番勝負!やらせじゃなくて本当に活躍しているのか?検証してみる!

香取慎吾がTBS日曜劇場で主演ドラマ決定!!阿部寛を超えられるか?

嵐の「ワクワク学校」の舞台裏をHeySayJUMPが暴露!

1月スタートのジャニーズタレントドラマ!検討しているのは誰?中間報告!!