2015年の夏ドラマにジャニーズが出演しない意外な理由とは?

テレビの業界には枠があるそうです。確かにオネエ枠とか、アイドル枠とかありますよね。

他にも、外国人枠やおバカキャラ枠、毒舌枠なんて言うのもあり、当然ジャニーズタレント枠というのもあるんでしょう。



ドラマでは特にジャニーズ枠というのはは強くて、他の事務所の若手俳優はなかなか厳しいものがあるようですね。

でも、今年の7月からスタートのドラマをみても、ジャニーズタレントが出演しているのは少ないですよね?

 

「刑事7人の少年隊の東山紀之さんぐらいじゃないですか、主演してるのは。

あとは「リスクの神様」のV6・森田剛さんぐらいでしょうか?他にいたらすいませんですが、私が思いつくのはこの人達ぐらいですね。

森田剛2015-08-05_005200

明らかに少ないですよね?他の事務所に負けていると言うことでしょうかね?

4月スタートは「アイムホーム」で木村拓哉さん主演。「ようこそ我が家へ」では嵐の相葉雅紀さん主演など

結構ありましたから、余計に少なく感じます。ジャニー事務所の力が弱くなってきたんでしょうか?

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇


というか、今はドラマの作り方が変わってきたのかもしれませんね。

 

最近の視聴率低下はとても酷いものがあります。ジャニーズ事務所タレント主演のドラマも同じです。

それによって、先にキャスティングありきのドラマ作りから、脚本主体のドラマ作りに変わってきたのかなと思います。

そうすると、脚本にあったキャストを決めると言うことで、ジャニーズタレントを最初から使うという前提でのドラマ作りは出来なくなります。

 

そういうことで、ジャニーズタレントのドラマが減っているのかな?と思いますね。

これはジャニーズ事務所にとっては、結構大変なことだと思います。

今までは主演で誰かジャニーズタレントの人がついて、その脇役といって派なんですけど、そこにまだ若手のジャニーズタレントがバーターで
出演しているという構図があったとおもいます。それが出来なくなると、演技の勉強する場所が減るわけで、
ドラマとかってやっぱり場数だと思うので、経験出来ることがなければ、演技も上手くならないでしょうしね。

 

まあ、実力でキャスティングされるぐらいになれば、問題ないんで、ジャニーズタレントには頑張ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。