2015年紅白歌合戦でも安定した力を魅せた井ノ原快彦、Jr.時代の忘れられない過去とは?

2015年の第55回NHK紅白歌合戦。視聴率はイマイチだったようですが、「あさイチ」コンビの
井ノ原快彦さんと有働由美子アナウンサーは抜群の安定感をもって、しっかり司会をしていました。


 
井ノ原さんはジャニーズ事務所としては3組目となる紅白の司会です。


初めての割には安心して見ることができましたよね。
話術も達者で、面倒見も良い。そしてあの庶民的な顔!
ジャニーズらしくないといえばそれまでですが、アノ顔があるからこそ、好感度があるといっても過言では無いですよね?
しかし、そんな井ノ原さんもジャニーズJr.時代は苦労していたと言うことです。

話はずいぶん昔に戻りますが、井ノ原さんがジャニーズ事務所に入所した小学校6年生から数年間は不遇の時代が続いていたようです。
その理由は・・あの庶民的な顔が災いしていたということですね。


 

 

やっぱりジャニーズは顔が命って言うことなんでしょうか?
表紙とかに載るとなると、やっぱり顔ですもんね?
顔が良いか悪いかで判断されると、流石の井ノ原さんも選ばれなかったということなんでしょう・・・。
可哀想ですけどね。スタイルもいいのにね。
雑誌とかだと、あまりスタイルも関係ないように感じますしね。
アングルとかで、スタイルはごまかすことが出来ますしね。
でも、顔はやっぱりいじれないってことでしょう。
いまなら、修正バリバリ出来るかもしれませんが、当時はそんな技術無かったですからね。

でも、V6に加入してからは徐々に力を発揮したと思います。
「ミュージック・ジャンプ」の司会を持ち回りで務めるようになってからは仕切るということで才能を開花させましたよね。

ジャニーズに入ってくるような人は顔には自信があると思うんですよ。
そして若い頃はそれはみんな綺麗な顔立ちしているでしょう。
でも、年を取ってくると、イケメンだけでは仕事は出来ないわけです。
そこで、井ノ原さんの活躍の場が増えてきたと言うことでしょうね。
Jr.時代は駄目だった顔も今となっては愛嬌があって、好感の持てる顔ということに変わるわけです。
やっぱり、見た目だけじゃ無い才能と努力が大事という話でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紅白歌合戦の司会が決まらない!?理由はジャニーズの派閥にあり!?

NO IMAGE

ジャニーズ事務所がV6をゴリ押しの理由は?2016紅白も出場

V6の長野博が野菜作りに没頭?畑のある場所はどこ?

V6がこれまでの20年間を振り返る!岡田准一を育てたのは森田と三宅?

「学校へ行こう!」終了間際はメンバーで衝突してた?今のV6の関係が気になる!

NO IMAGE

VS嵐で嵐とV6が共演!両グループにある人気差の秘密とは