FNS歌謡祭での裏方松潤の働き!ももクロも脱帽のその凄さとは!?

12月2日に放送された「2015 FNS歌謡祭」でとももクロがコラボしましたよね。


 
嵐ファンからはちょっとした嫉妬もあったかもしれませんけど、コラボ自体は良かったと思いますよ。
こういうコラボってこういう特番じゃないと見られませんから、楽しいですけどね。



さて、この嵐とももクロのコラボなんですけど、今回は嵐のヒット曲「WISH」でももクロは歌唱には加わらず、ダンサーに専念していました。
松本潤さんと高切れにさん、二宮和也さんと玉井詩織さんといった組み合わせで、ももクロの5人が嵐メンバーの相手役としてペアダンスを披露するという場面も見られました。
まあ、ここで嵐ファンからは「ももクロ邪魔だし、嫌だった」と言う声もあったようですが、そんなこと言うもんじゃ無いです。
そしてこの練習なんですが、お互い忙しい嵐とももクロ。スケジュールを合わせて練習する時間も無かったようで、嵐は嵐で、ももクロはもももクロでということで、単独で練習していたようです。
当日のステージリハーサルで合わせて、本番って感じだったそうです。それでもあれだけのパフォーマンスが出来るんだからやっぱり凄いですよね。

《↓続きは後半で》

◆◇◆◇◆◇ちょっと休憩 (-。-) y-゜゜゜◆◇◆◇◆◇
モデルのぺこが10kgのダイエットに成功した方法はフルーツ青汁でした

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

通常5,980円の商品が今なら期間限定680円購入できます

>> 詳しく見てみる <<

 
◆◇◆◇ それでは記事の続きをどうぞ ◆◇◆◇

そしてここで活躍していたのが嵐の松本潤さん。


 
嵐のステージ演出を担当しているだけ合って、やはりその辺は素晴らしいですよね。
当日のリハーサルでしか合わせていないにもかかわらず、やはり長年培った経験という物があるんですかね?松本さんは1回のリハーサルでカメラワークを頭に入れたそうで、それに合わせて動きも考えているんだそうです。そして松本さんは本番前に高城さんに「最後のところで目を合わせようね」と声かけ、松本演出の凄さを見せつけたと言うことですね。
やっぱり凄いですよね。自分をよく魅せる事をわかっている。流石です。伊達に15年やってません。
本番前にも緊張しているももクロを「頑張ろうね」と言って励ましたりなど、舞台監督松潤が裏で活躍していたそうです。
こういう、アイドルとしてだけじゃない、裏での頑張り、活躍があるからこそ嵐は国民的アイドルなんでしょうね。
これからも国民的アイドルの地位は盤石ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。