2015年の24時間テレビにHeySayJUMP!過去のパーソナリティは誰?

今年で38回目を迎える24時間テレビのメインパーソナリティーを務めるのはV6とHey!Say!JUMPであると発表されました。

2世代パーソナリティが歴代初だということで話題になっていますね。

V6は1998年にメンバーの森田剛さんが100kmマラソンに挑戦し、みごと完走、そして2000年にはメインパーソナリティーを務めています。Hey!Say!JUMPはパーソナリティ初挑戦です。


2015年の24時間テレビは

ことしのテーマは「つなぐ~時を超えて笑顔を~」ということで、さまざまな”つなぐ”ストーリーを紹介するということが発表されています。

そこで、これまでの24時間テレビでジャニーズグループがメインパーソナリティーを務めてきた歴史を振り返ってみたいと思います。

ちなみに、1978年の第1回24時間テレビは、総合司会が萩本欽一さん、大竹しのぶさん、大橋巨泉さん、竹下景子さんでチャリティーパーソナリティがピンクレディーでした。

1992年の第15回目の24時間テレビからチャリティーマラソンが始まっています。

 



 

24時間テレビの歴史

1995年に番組パーソナリティとしてジャニーズグループとして初出演したのがSMAPのみなさんです。徳光和夫さんらが総合司会を務め、鈴木杏樹さんがチャリティーパーソナリティーを務めていました。このときのチャリティーマラソンは間寛平さんです。

その後、1997年にはKinKi Kidsが番組パーソナリティを務め、TOKIOの山口達也さんがマラソンを走っています。翌年にはTOKIOが番組パーソナリティを務めています。

その後、TOKIOやV6が番組パーソナリティを務めていましたが、2004年に嵐が初めて番組パーソナリティに挑戦。

それ以降はタッキー&翼やKAT-TUNのみなさん、NEWS、関ジャニ∞などが番組パーソナリティを務めています。

歴代2年連続で番組パーソナリティーを務めたのは嵐のみですが、2012年、2013年の2年連続のメインパーソナリティーを後にここ2年はメインパーソナリティーとしては出演していません。

しかし、嵐にしやがれの生放送が放送されるなど、嵐も毎年どこかで番組に貢献しています。

今年は、人数でも初の大所帯。普段は違うグループで活動し、また年齢差も幅広くある2つのグループが、メインパーソナリティーとしてどんな活躍を見せてくれるのかが楽しみですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

岡田准一主演「図書館戦争」初めてテレビで見たけど”面白い”映画も期待大!

嵐の「ワクワク学校」とは?今年はHey! Say! JUMPが生徒役

NO IMAGE

VS嵐でV6と嵐が共演!番組の内容と勝負の結末は

岡田准一と宮崎あおいが結婚?熱愛報道はジャニーズ事務所の命令だった

紅白歌合戦の司会が決まらない!?理由はジャニーズの派閥にあり!?

NO IMAGE

八乙女光が新ドラマ『ドS刑事』に出演!演技と踊りのギャップが素敵